南北コリアと日本のともだち展

トーク

2019/02/25

ギャラリートーク(2月9日)は立ち見が出る大盛況でした!

2月9日(土)の午後には日朝大学生交流に参加した大学生たちと目加田説子さん(中央大学教授)のギャラリートークがありました。50脚用意したイスはあっという間にうまり、立ち見となってしまった方も。

主催者よりこの事業の説明をした後に、目加田さんの自己紹介や平壌での映像などを見てもらい、その後、平壌外国語大学の学生達と交流した日本の大学生6人に実際に交流してみて感じたことなどを一人一人に聞いていきました。「朝鮮の大学生たちと実際に交流してみて、向こうにも勉強してサークル活動して自分たちと同じような若者がいることを知り、自分たちが偏見を持っていたとわかった」など、率直に語ってくれました。参加者アンケートには、「学生さんたちの生の声、帰国後のそれぞれの課題を聞くことができ、とてもよかった」「若者同士の交流に期待を持てた。両者とも実際におたがいに会えたことのメリットを言っていたのがよかった」などの感想が寄せられました。

また、登壇した学生たちへのメッセージとして「率直に話してくれた。うわべで語っていたのではなかったので、とても勉強になった」「みなさんの話に未来への希望を感じた」などと書いてくれる方もいました。

2019/02/10

第18回「南北コリアと日本のともだち展」は無事終了しました!

2月8日から10日まで開催した南北コリアと日本のともだち展は盛況のうちに終了しました。

3日間で来場者数は約400人。

 

最終日の子どもワークショップにも23人の子どもが参加。東アジアのまちの絵の中にいる自分たちの姿を描いてくれました。

来場者アンケートにもたくさんの感想をいただきました。以下に一部を紹介いたします。

・南北コリア、中国の子どもたちの絵の中で、家の近くの公園で遊ぶ絵に、日本の子どもたちとの共通点を見つけたような気がしました。その他の絵からも住んでいる国や言葉はちがっていても、「楽しい」と感じる気持ち、思いは同じだということが伝わってきました。共通点をみつけ、そしてちがいを認め合うことが、人と人のつながりをつくっていくものだ、と改めて感じました。

・非常に大切な行動だと思います。今年は大きな転機になる可能性があります。ぜひ長く続けてほしいと思います。

・今回のテーマ「わたしのまちあなたのまち」がとてもよかったと思います。それぞれが地域の好きな場所を紹介して、「会いたい」という気持ちを表現したものもありました。

・子どもたちの絵のスタイルが違う点が面白かったし、絵画を習えば良さそうなこどもたちが多いようです。そして、子どもたちの純粋さが絵に出ていてよかったです。

・絵のひとつひとつ、それぞれの故郷に対する思いや子どもたちの思う今と未来を見ることができたかな〜と感じました。政治的には残念な話が多いけど、私個人は交流を続けより多くを学び、歴史を向き合いたいと改めて考えました。四カ国の未来に希望がありますように。

2019/01/13

第18回 南北コリアと日本のともだち展

  

【第18回南北コリアと日本のともだち展】

東京展は、2月8日(金)から10日(日)

アーツ千代田3331( 東京都千代田区外神田6丁目11-14)にて。

日・朝・韓・中の子どもたちの描くまちが登場します。

9日(土)は大学生ギャラリートーク、10日(日)は子どもワークショップも。

ボランティアも大募集中!

도쿄 어린이그림전 2월8~10일. 함께해주세요!

東京展2018のチラシはこちらからダウンロードできます

2018/12/21

第16回 さいたま展

第16回ともだち展@さいたま。

ともだち展 トーク。

歴史文化シリーズ「渡来人のおはなし」「海は道、海は交わりの広場」

 

사이타마 그림전 올해 16번째입나다. 대단하신 사이타마 실행위 멘버들! 감사합니다.

2018/03/25

第7回 大阪展

第7回 南北コリアと日本のともだち展大阪展
とき:2018年3月23-25日10:00-17:00(最終日は16:00まで)
ところ:大阪国際交流センター(大阪府天王寺区上本町)

●こどもワークショップ「あなたもこども審査員」:3/23(金)14:00~16:00
●ギャラリートーク「今年のともだち展~各地からの報告」:3/24(土)14:00~15:00
●随時●こどもワークショップ「ともだちのまちへ」

第7回 大阪展