南北コリアと日本のともだち展

Welcome!「南北コリアと日本のともだち展」へようこそ

「南北コリアと日本のともだち展」は、私たちの住む東北アジア地域の平和をねがう催しです。
大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国・日本そして在日コリアンの子どもたちの絵をひとつの会場に展示して、絵でお互いを紹介しあい、わたしたちの間にある壁を乗り越える第一歩にします。
この絵画展は2001年に始まりました。東京だけではなく、ソウル、ピョンヤンでも展示してきました。さらには、中国の延吉も加わりました。また作品を貸し出して、全国各地での巡回展もおこなっています。


2021年国内展【new!】

「南北コリアと福岡のともだち展」

「わたしがつくる未来」のテーマで集まった絵を展示。
とき:2021年11月15日(月)~11月21日(日)10:00~18:00(初日12:00より。最終日16:00まで)
ところ:アクロス福岡2Fギャラリースペース(福岡市中央区天神1-1-1)
主催:南北コリアと福岡のともだち展実行委員会
10/31まで作品「わたしがつくる未来」も募集しています。詳しい内容は、こちらからチラシで見ることができます!→

「南北コリアと日本のともだち展inさいたま」

ただいま企画中!
とき:2021年12月24日(金)~12月27日(月)10:00~19:00(最終日15:00まで)
ところ:さいたま市市民活動サポートセンター多目的展示コーナー(さいたま市浦和区東高砂町11-1コムナーレ9F)
主催:南北コリアと日本のともだち展inさいたま実行委員会

2021朝鮮半島平和教育オンライン博覧会「分断OFF, 平和ON」

朝鮮半島平和教育オンライン博覧会「分断OFF, 平和ON」

絵本作家・浜田桂子さんの登壇も!

韓国のパートナー団体・(社)オリニオッケドンムの主催する「平和教育オンライン博覧会」が10月中旬に開催されます。平和教育に関心のある教員、市民、研究者などを対象に、平和教育への取り組みや教材の紹介、映像や絵画展示、海外ゲスト登壇のセミナーなど、さまざまなプログラムが準備されています。期間中、日本から『へいわって どんなこと?』の作者である絵本作家の浜田桂子さんも登壇します。催し自体は韓国語がメインですが、浜田さんの回は通訳が予定されていますので、ぜひご注目ください。
とき:2021年10月12日〜10月16日
ところ:https://www.seoulpeace.space(10/12オープン!)

▼プログラム
ピースMBTI 適性診断で見る私にピッタリの平和活動は?
VRピースギャラリー 朝鮮の子どもたちの絵画展示、南北の子どもたちがピョンヤンで出会う
行ってみようDMZ 今は行けない南北の境界地域、写真と子どもの絵でいっぱいに
トンイルと学びに出かけよう 北を理解し、平和な出会いを準備するクイズ
平和教育コンテンツ 教案や教材の紹介、南北の文化財ペーパートイ、平和映画上映
平和教育スペース 平和教育NGOはどんなことをしているの?

▼オンライン生放送:海外の平和教育に出会う
【1】Derick Wilsonと分かち合う「希望を育む平和教育」の話
日時:10月15日(金)午後7−8時半
講義:Derick Wilson(北アイルランド・アルスター大学名誉教授)
司会:シムウンボ(ジャラン小学校教員、平和教育教員の会代表)
【2】作家との対話:浜田桂子の「へいわって どんなこと?」
日時:10月14日(木)午後7−8時半
出演:浜田桂子(日本・絵本作家)
司会:裵星浩 ペソンホ(ソウル・松中小学校教員)
協力:南北コリアと日本のともだち展実行委員会
*参加者には東アジア平和交流写真集を差し上げます!

▼イベント:博覧会に参加して、平和教材セットをもらおう!
平和旅行スクラッチハガキ、ペーパートイ、平和の本セットなど様々な教材を差し上げます。
*EVENT1 ホームページからの参加認証イベント
*EVENT2 海外ゲスト特講イベント
*EVENT3 教員のための平和の本セットイベント

事業のご案内(韓国語原文)はこちら
https://www.okfriend.org/news/?idx=8119305&bmode=view


主催:社団法人オリニオッケドンム(韓国語ページ)
お問い合わせ:南北コリアと日本のともだち展実行委員会(事務局:rccj.sec@gmail.com)

「第20回_南北コリアと日本のともだち展」

第20回南北コリアと日本のともだち展

20年にわたって各地から寄せられた子どもたちの絵とメッセージをご紹介します!

東アジア地域の平和を願って2001年にスタートした「ともだち展」は、2021年で20年目を迎えました。これまで、朝鮮、韓国、日本、そして中国に住む子どもたちから寄せられた絵とメッセージと、当時のエピソードなどを紹介するとともに、共同制作「空にとどける みんなのねがい」や、各地から届いた個人作品「わたしがつくる未来」をご紹介します。

とき:2021年6月4日(金)~6日(日)10:00~18:00
ところ:アーツ千代田3331・1Fコミュニティスペース、ラウンジ(東京都千代田区外神田6−11−14)
○同時開催企画

▼6/5(土)20周年ギャラリートーク「ともだち展の20年」
14:00-15:00 第一部「東アジアの平和のつくりかた」
ゲスト:浜田桂子さん(絵本作家)/聞き手:今井高樹(日本国際ボランティアセンター代表理事)
定員:30名(会場参加)、90名(オンライン参加)
第一部の様子はこちらからご覧になれます
15:30-17:00 第二部「ともだち展の20年をふりかえる」
話し手:チェ・ヘギョンさん(社団法人オリニオッケドンム事務総長)、金聖蘭さん(東京朝鮮第五初中級学校教員)、筒井由紀子(ともだち展事務局長)/聞き手:金敬黙さん(早稲田大学文学学術院教授)
定員:30名(会場参加)、90名(オンライン参加)
第二部の様子はこちらからご覧になれます
▼6/6(日)10:30-12:30 こども向け交流イベント
対象:小中学生(定員:20名、要事前申し込み)
※状況を鑑みて中止とさせていただきました※

参加作品を募集しています!


20周年となる今回は、2つの作品を募集しています。
どちらも、どなたでもご参加いただけますが、主に(1)個人作品は個人参加向け、(2)共同制作はグループ向けです。
両方のご参加も大歓迎です!

【1】個人作品「わたしが作る未来」
★テーマ:わたしがつくる未来
★対象:小・中学生
★応募のきまり:作品は原則として、返却しません。返却希望がある場合はご相談ください。
○八つ切り画用紙(270mm×380mm)に、ペン、クレヨン、絵の具などを使って描いてください。
★しめきり:2021年 5月22日(土)必着
応募用紙はこちらからダウンロードできます!

【2】共同制作「空にとどける みんなのねがい」
学校がなかなか始まらなかったり、ともだちになかなか会えなかったり…たいへんだった2020年。そこで、「会いに行けなくても、おたがいに自分のこと、思っていること、みんなに伝えたいことを描いて、ぜーんぶつなげて作品にしちゃおう!」と、小さな旗をたくさんつなげる共同制作に挑戦します!
材料の不織布は事務局からお送りします。送り先と枚数をrccj.sec@gmail.comまでお知らせください。
★しめきり:2021年5月22日(土)必着
概要はこちらからダウンロードもできます!


主催:南北コリアと日本のともだち展実行委員会
お問い合わせ(事務局):rccj.sec@gmail.com

2020年国内展

第10回「南北コリアと日本のともだち展_おおさか展」

「わたしがつくる未来」のテーマで集まった絵を展示。
とき:2021年2月26日(金)~28日(日)10:00~17:00(最終日16:00まで)
ところ:大阪国際交流センター(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
主催:南北コリアと日本のともだち展おおさか展実行委員会

「南北コリアと日本のともだち展inさいたま」

「わたしのまち あなたのまち」のテーマで集まった絵を展示。
とき:2020年12月19日(土)~12月21日(月)10:00~19:00(最終日15:00まで)
ところ:さいたま市市民活動サポートセンター多目的展示コーナー(さいたま市浦和区東高砂町11-1コムナーレ9F)
主催:南北コリアと日本のともだち展inさいたま実行委員会

「南北コリアと福岡のともだち展」

「わたしのねがい」のテーマで集まった100点以上の絵を展示。
とき:2020年11月16日(月)~11月22日(日)10:00~18:00(最終日16:00まで)
ところ:アクロス福岡(福岡市中央区天神1-1-1)
主催:南北コリアと福岡のともだち展実行委員会

「東アジア平和会議」を開催しました

東アジア平和会議20202020年11月24日(火)に、韓国のパートナー「オリニオッケドンム」とともに「東アジア平和会議」を開催しました。
その様子をお伝えします!(韓国語原文は、こちらからごらんください)

第19回ともだち展 オンライン展示!人気作品&寄せられたメッセージをご紹介

第19回南北コリアと日本のともだち展

2月末から予定されていた東京での第19回「南北コリアと日本のともだち展」、7月1日〜8月31日までオンラインで開催しました。
「わたしがおくりたい金メダル」のテーマで、子どもたちが大切に思っているもの、感謝を伝えたい人…たくさんの「ありがとう」にあふれる作品を見て、来場いただいたからは作者へのメッセージも集まりました。
ぜひ、こちらの「第19回南北コリアと日本のともだち展」からごらんください。

こども巣ごもり美術館がオープンしました(7月27日まで開催)

コロナウイルス感染症が世界中に広がって、みんながたいへんな時を過ごしています。子どもたちも、学校に行けなかったり、ともだちと遊べなかったり、お休みの日にお出かけができなかったり。
そこで「ともだち展」は、韓国のパートナー団体・オリニオッケドンムといっしょに、家にいてもできることを考えました。それは…

家のなかにいる世界中の子どもたちと
絵とメッセージでつながる「こども 巣ごもり美術館」!

いつか会えるようになったらいっしょにやりたいこと、たいへんな思いをしているともだちにプレゼントしたいものをかいて、写真にとって、スマートフォンやコンピューターから、オンライン美術館にアップロード。
世界の子どもたちに、あなたからの応援メッセージをとどけませんか。
詳しい説明は、こちらから


事務所を閉鎖しています(2020年5月末まで延長)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、ともだち展事務局をおいている日本国際ボランティアセンターが、2020/4/6より事務所を閉鎖しておりますが、その期間を5月末まで延長することになりました。そのため、ともだち展事務局も在宅勤務体制を取り、事務所を閉めさせていただいています。
この期間は電話対応を休止させていただきます。お急ぎの場合は事務局までメールでご連絡をいただけますようお願い申し上げます。(事務局:rccj.sec@gmail.com)
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
お休み期間の変更などがありましたら、このページで随時お知らせしていきます。(2020/5/2)

このエントリーをはてなブックマークに追加