南北コリアと日本のともだち展

ともだち展とは

ともだち展とは

「南北コリアと日本のともだち展」は、私たちの住む北東アジアの平和を願う絵画展です。

韓国、朝鮮民主主義人民共和国、日本、在日コリアンの子どもたちが描いた絵を一堂に集めて展示しています。子どもたちは絵を通してお互いを紹介し、メッセージを交換しあって、いつか一緒に平和をつくる「未来のともだち」に出会います。

この絵画展は2001年に始まり、東京のほか、ソウルやピョンヤンでも展示してきました。2010年からは中国・延吉からの作品も加わりました。日本の国内では作品を貸し出して、各地で絵画展をおこなっています。子どもたちは行き来できる範囲で交流キャンプやワークショップにも参加し、顔と顔の見える関係を築いています。

お互いに関心を持ち、共通点や違いを知り、尊重し、歴史から学ぶことは、新しい未来をひらく鍵となります。私たちは、この地域の子どもたちが一人でも多く出会い、ともだちになれる機会を作っていきたいと思っています。

About us

“Friends of Northeast Asia: Children’s Art Exhibition (“Tomodachi-Ten” in Japanese)” is aiming at promoting peace in Northeast Asia. 

We exhibit paintings drawn by children in Japan (Japanese and Koreans living in Japan called “Zainichi Koreans”), the Republic of Korea (South Korea), and the Democratic People’s Republic of Korea (North Korea) at one venue. They know each other through the paintings and exchange friendship messages with their “future friends” who will build peace together. 

We started the activity in 2001 and have held exhibitions in Tokyo, Seoul, and Pyongyang. Also, children in Yanji, China, joined us in 2010. We share the paintings with our partners all around Japan for the exhibitions. Children participate in the exchange camps and workshops as far as they can visit each region and establish face-to-face relationships. 

If we are interested in each other , accept and respect our differences, and learn from history, that will be the key to the new future. We encourage as many children in Northeast Asia as possible to meet and make friends. 

ともだち展の活動

1995年の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)での豪雨・洪水被害に対する緊急支援以来、日本のNGOは連携しあって北朝鮮への人道支援をおこなってきました。

しかし、2000年代以降、拉致問題や安全保障の問題から、日本社会では子どもたちへの人道支援を訴えることすら難しくなりました。そこで、この地域に住む子どもたちを紹介し、この地域の人たちが次世代のために北東アジアの平和な未来をどのように作っていくことができるのかをともに考える機会を提供することを目指しました。

そこで人道支援に携わってきた団体が協力しあって2001年からスタートしたのが、こどもたちが絵を交換し合うプログラム「南北コリアと日本のともだち展」です。

翌年からは、平壌の小学校で展覧会を開催したり、日韓を子どもたちが訪問しあったりするようになり、その交流は広がっています。

Our Activity

Since the emergency relief as a response to the floods in the Democratic People’s Republic of Korea (North Korea) in 1995, NGOs in Japan established the network “Relief Campaign Committee for Children, Japan (RCCJ)” and started humanitarian assistance to North Korean children.

However, the abduction issues and tense security concerns since the 2000s made it difficult to voice up for humanitarian aid to the children. Therefore, we shifted our aim to cultural exchange. In order to achieve our aim, we have introduced North Korean children to our neighbors and encouraged them to think together about how we can make a peaceful future in Northeast Asia for the next generations.

We started a friendship program, “Tomodachi-Ten,” in 2001 with other organizations, where children exchange paintings with their “friends.”

Our exchange programs become more and more active. We organize children’s exchanges through mutual visits to Japan and South Korea and hold an exhibition at an elementary school in Pyongyang.

実績(2001−2020)

●絵画展開催数
東京19回、平壌7回、ソウル10回。日本国内展 約150回。

●絵画展示数(「南北コリアと日本のともだち展」2001-2020年)
韓国から 657点(ソウル、釜山、安山、平澤ほか)
朝鮮から 554点(平壌、平城)
日本から 3238点(東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨、茨城、名古屋、京都、大阪、山口、福岡、福島、新潟、島根ほか)
中国から 309点(延吉、揮春、図們ほか)

●交流参加者数(2002-2019年、のべ人数)
日本から韓国へ 91名
韓国から日本へ 103名
中国から日本へ 1名
日本から朝鮮へ 109名

Our Achievements(2001-2020)

●Exhibitions(unit: time)
Tokyo: 19, Pyongyang 7, South Korea: 10.
Total (including domestic exhibitions in Japan): 150.

●Paintings
-From South Korea (such as Seoul, Busan, Ansan, and Pyeongtaek): 657
-From North Korea (Pyongyang, Pyongsong): 554
-From China (such as Yanji, Húnchūn, and Túmén): 309
-From Japan: 3,238

●Children participants
– Japan → South Korea: 91
– South Korea → Japan: 103
– China → Japan: 1
– Japan → North Korea: 109 (4 Japanese and 105 Zainichi Koreans)

パートナー

●韓国から
パートナー団体「オリニオッケドンム」の協力により絵を集めています。オリニオッケドンムは「肩を組みあうともだち」の意味。朝鮮の子どもたちへの支援とともに、韓国の子どもたちへの平和教育プログラムを進めてきました。日本の子どもたち、在日コリアンの子どもたちもオリニオッケドンム主催の「東アジア子ども平和ワークショップ」などに参加して、貴重な出会いを積み重ねてきました。

朝鮮から
首都・ピョンヤン市内の小学校から作品が寄せられています。2002年からは小学校で絵画展を開催、生徒や保護者のほか地域の人たちも来場しました。情勢により絵画展の開催が難しいときにも、共同制作を通じて、絵やメッセージを送り続けてくれています。

日本から
全国から公募で作品を集めています。絵画展の会場では、子どもたちが作品づくりを通して交流したり、大人たちがセミナーに参加し、子どもたちにどんな東アジアの未来を託していくべきかをともに考えています。
また、埼玉、福岡、大阪をはじめとする国内各地でも、各地域の実行委員会がともだち展を開催しています。

中国から
中国東北部に位置する延辺朝鮮族自治州の州都・延吉の子どもたちが、2010年より絵を送ってくれています。パートナーである延吉市少年児童図書館では、絵画展示や共同制作も実施してきました。

Our Partners

●South Korea
Our partner NGO “Okedongmu Children in Korea (OKCK),” (Okedongmu means “friends with arms around each other” in Korean) cooperates us for collecting children’s paintings. OKCK has promoted peace education to South Korean children as well as medical and food assistance to North Korean children.
It has organized “East Asia Children’s Peace Workshop,” and Japanese and Zainichi Korean children have built their friendship through the OKCK’s workshops. 

●North Korea
Elementary schools in Pyongyang have cooperated with us to collect the painting. We have organized the exhibitions in these schools since 2002, and not only the students and their parents but also local people visited our exhibitions.
Despite the severe international affairs, we have had stable interactions with the schools, and they have continuously sent the children’s paintings and messages.

●Japan
We have called for paintings for children all around Japan, both Japanese and Zainichi Koreans. When we hold an exhibition, children exchange with their new friends through drawing paintings, and adults discuss how they can bring peace to Northeast Asia for future generations with us in a seminar.
We also have domestic partners of “Tomodachi-Ten” in Saitama, Fukuoka, and Osaka, and they organize exhibitions every year. 

●China
Children in Yanji, Yanbian Korean Autonomous Prefecture in China, joined us in 2010 and have sent paintings to us since then. We have also visited our partner, Yanji children’s Library, and have held exhibitions and workshops with the local children.

ともだち展のストーリー

20周年を迎えた2021年の「ともだち展」には、各地域の協力者、先生、卒業生からメッセージが届きました。
「10年後の私」がテーマだった2010年に、平壌のある小学生は「大学生になったぼく」を描きました。
2020年、「10年前に夢として描いた自分の姿が、今年現実となったことをお知らせできて、嬉しく、感慨深いです」との報告とともに、「ともだち展は自分の夢を実現できるようにと背中を押してくれた、すばらしい経験でした。ともだち展を通じて出会った友人たちは夢をかなえているでしょうか。再会して新たな夢を分かち合いたいです」とのメッセージが届きました。
ともだち展が、平壌の子どもたちにとってもかけがえのない思い出となっていることがうかがえます。

Story of Our Activities

At the art exhibition in 2021, we received messages from our partners and alumni to celebrate the 20th anniversary of our activity. Among them is a Pyongyang alumnus, who drew a painting, “Me Grown to a University Student,” at an elementary school in 2010, when “Me after 10 years” was the workshop theme. He gave us a heartwarming message. “I am grateful and impressed that I became exactly who I drew with hope to be like 10 years ago.” “My experience participating in “Tomodachi-Ten” was wonderful, and it encouraged me to make my dream come true. I hope my friends, whom I met through the activity, also realize their dream. We really want to meet them and share our new dreams.”  His words demonstrate that Pyongyang children, too, remember our activity as a precious memory.


映像

●第20回 南北コリアと日本のともだち展 (2021年6月)
20th anniversary Tokyo Exhibition

●ともだち展のあゆみ

ao_post_optimize a:6:{s:16:"ao_post_optimize";s:2:"on";s:19:"ao_post_js_optimize";s:2:"on";s:20:"ao_post_css_optimize";s:2:"on";s:12:"ao_post_ccss";s:2:"on";s:16:"ao_post_lazyload";s:2:"on";s:15:"ao_post_preload";s:0:"";} 
classic-editor-remember classic-editor 
views 303