南北コリアと日本のともだち展

第19回 南北コリアと日本のともだち展

第19回南北コリアと日本のともだち展

南北コリアと日本のともだち展は、東北アジア地域の平和から21世紀の世界平和を願い、2001年にスタートした絵画展です。そこでは、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、そして日本に住む子どもたちが、同じテーマで絵を描き、メッセージを添えてお互いの生活や文化を知ります。このようなやりとりによって、直接には会うことの難しい子どもたちが、国境を越えて心と心を繋げてきました。

第19回の絵画展は「わたしがおくりたい金メダル」をテーマに、大切に思っているもの、感謝を伝えたい人に「金メダル」をおくる絵を描きました。ともだちや家族、ペット、地球や大空のような自然まで…子どもたちのたくさんの「ありがとう」にあふれる作品が集まっています。

しかし残念ながら新型コロナウイルス禍により、直接会うことのできていた子どもたちですら、会うことが困難な状況になってしまいました。このような時期だからこそ尚更、子どもたちが心を通わせ、「心と心の見える関係」になってほしい、という思いから今回の東京展はオンラインでの掲示を決定しました。第19回オンライン掲示は8月31日までの期間限定となります。

絵をごらんになってみなさんの心にのこった作品がありましたら、ぜひ下のボタンからメッセージをお送りください。絵をみる人と絵をかいた人をつなげるともだち展は、遠くはなれていてもお互いのメッセージを伝えつづけたいと思います。

主催:南北コリアと日本のともだち展実行委員会
後援:文化庁、駐日韓国大使館 韓国文化院、東京都教育委員会、日本ユネスコ協会連盟

 

大韓民国 / 대한민국

 

朝鮮民主主義人民共和国 / 조선민주주의인민공화국

 

中華人民共和国 / 중화인민공화국

 

日本 / 일본

カウンターカウンター
このエントリーをはてなブックマークに追加
wp_featherlight_disable  
views 2464