平壌 絵画展示

8月23日

ルンラ小学校で 2018年度の子どもワークショップ「わたしのまちにおいでよ」が展示され、各地の子どもたちの作品を見ていただけました。

 

”さかいのまち”を描きました

8月3日 午前10時半より

堺市役所地下1階の食堂 森のキッチンで

子どもワークショップ”わたしのまちにおいでよ”を開催し

堺の子どもたちと森のキッチンのSTAFFさんとで描き、

さかいのまちが加わった東アジアMAPができました。

ユネスコ世界文化遺産に百舌鳥古墳群が登録されたばかりの堺!
 
ともだち展の子どもワークショップ
「わたしのまちにおいでよ」の会場は堺市役所地下1階にある森のキッチンというステキなスペース!
 
以前に大阪のまちを描いた子どもたちも参加し、東アジアの”わたしのまちのじまん”をみて
“さかいのまち”を協力して描きました。
 
森のキッチンは堺市役所の食堂というだけでなく、障害者の方々が働く場で、
スタッフさんたちはハニワ課長やムーやん、みみちゃんなど堺のキャラクターを描かれ、
絵筆を置かれた瞬間に参加者みんなに美味しいハヤシライスを提供いただきました。
 
大山古墳
堺灯台
ちん電
堺市役所
堺市のキャラクターなどの楽しい作品は
8月5日〜7日にこの森のキッチンに展示。
 
堺の魅力を東アジアに発信できますように!

————–

ユネスコ近畿ブロック研究会が
10月5.6日に堺市総合福祉会館で開催される予定で
「南北コリアと日本のともだち展」の東アジアの子どもたちの絵が展示されます。

2018年度のともだち展のテーマは
わたしのまち、あなたのまち

東アジアの子どもたちが描いた絵は満載

大阪の絵は通天閣、ハルカスと安倍晴明像、太鼓橋、USJ

近畿全域から堺に来ていただくのに 堺の絵がないっ!
これではいけない!!っと子どもワークショップを開催!
魅力ある堺のまちを含めた
東アジアの巨大マップができました。

今後も国際交流の第一歩はまず自己紹介からということを念頭に
子どもたちが”自分のまちのじまん”を描くワークショップを開催し、
ともだち展の東アジアMAPのパーツを増やしたいところです。

ユネスコ地域遺産、世界遺産の意義、共生など様々な切り口で学び合える巨大MAP

”あなたのまち”でも開催しませんか?

2019年度 絵画募集のお知らせ

2019南北コリアと日本のともだち展 東アジアのともだちに紹介する

テーマ: わたしがおくりたい金メダル

ともだち展とは、2001年から毎年、絵をつうじて出会い、絵をかいたともだちとメッセージを送りあいながら

「いつかは出会う未来のともだち」との交流をおこなってきた絵画展です。

 

今年のテーマは「わたしがおくりたい金メダル」!

普段はあまり言えないけれど、いつもお世話になっている人、感謝を伝えたい人など、「金メダル」をおくりたい人はいますか?

毎日おいしいごはんを作ってくれるお母さん、どんなときでもわたしを元気づけてくれる周りのともだちゃペット、

優しく教えてくれる先生、力をくれる出来事などを描いて東アジアのともだちに紹介してみましょう。

一生懸命がんぱる自分へおくりたい金メダルの絵もいいですね。

 

絵を見たともだちが、わたしも誰かに金メダルをおくりたいな、と思えるような、心温まる、たのしい作品とメッセージをお待ちしています。

いつでもわたしを笑顔にさせてくれるともだちに金メダル

★テーマ:わたしがおくりたい金メダル

★対象:小·中学生 ★応募のきまり:作品は原則として、返却しません。

返却希望がある場合はご 相談ください。

○ハつ切り画用紙 (270mm×380mm)に、ペン、クレヨン、絵の具などを使って描いてください。

○作品といっしょに①名前、の学年、③住所、の電話番号、⑤絵の説明未来のともだちに向けたメッセージを添えてください

★東京展締め切りは下記チラシ参照

★大阪展しめきり:2020年1月15日

★展示予定: 2020年2月 東京@アーツ千代田 3331 大阪@大阪国際交流センターなど

 

第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展終了しました。

3月8日から始まったともだち展大阪展は、パートナー団体オッケドンムからと、延吉少年児童図書館の方々の来阪ゲストとの交流もあり 絵画展、子どもワークショップ、ギャラリートークにも多数ご来場いただき、ありがとうごさいました。

 

第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展

 

南北コリアと日本のともだち展大阪展は8回目を迎えました。

 

3/8 子どもワークショップのために学生ボランティアで大きな東アジアの地図を描きました。

「子どもワークショップ わたしのまちにおいでよ」は、前日描いた東アジアの地図の上に、

大きく描かれた東アジア(平壌、ソウル、済州、延吉など)と大阪、神戸、姫路や東京など各地のランドマークを展示します。

子どもたちは自分描き、自分の行きたいところに貼るワークショップをしました。

絵の交流だけでなく、パートナー団体のオッケドンムの子どもたちも来られ

40名を越し大盛り上がりでした!!

3月10日(日)はギャラリートーク

「ピョンヤンの大学生と語りあった私たち」 30名を超す参加者で会場はいっぱいでした

第8回 ともだち展大阪展!(告知)

 

南北コリアと日本のともだち展阪展は

3月8日(金)~10日(日)10時~17時(最終日10日は16時まで)

大阪国際交流センターで開催します。

同時開催イベントは 9日(土)に子どもワークショップ 10日(日)には大学生のトークを予定しています。

【1】 子どもワークショップ「わたしのまちにおいでよ」
39日(土)13:30-15:30 参加費:無料
東アジアの子どもたちの住む”まち”が会場に登場
どんなところがあるのかな?
いろんなランドマークを見てみよう!
 
【2】ギャラリートーク 「ピョンヤンの大学生と語り合った私たち」
310日(日)13:30-15:30 参加費:無料
 
米朝や南北の首脳会談が開かれた2018年、朝鮮半島は平和へと大きな一歩を
踏み出しました。そんななか、日本から朝鮮を訪問して同世代の若者に
出会った大学生たちがいます。彼らは何を話し合い、どんな約束をしたのか。
帰国後も、学習会や大阪でのフィールドワークをおこない、在日コリアンたちとの交流もするなかで、
どんなことを感じているのか。
若い世代が思い描く東アジアの未来について、それぞれの考えをクロストークします。
 

第8回ともだち展大阪展(PDF)) ← ダウンロード可

大阪の絵を展示

大阪の子どもたち 晴明丘寺子屋教室のメンバーで描いていただいた絵が

埼玉会館・学美展に展示されています。

12月2日まで

 

 

 

帝塚山学院泉ヶ丘中学・高等学校展

帝塚山学院泉ヶ丘中学・高等学校文化祭

ユネスコ部・インターアクトクラブの活動発表の教室に

南北コリアと日本のともだち展の絵画をセレクトし、展示しました。

帝塚山学院泉ヶ丘中学高等学校 大阪府堺市南区晴美台4-2-1

ともだち展inくまもと

南北コリアと日本のともだち展inくまもと

 

2018絵画募集! テーマ:わたしのまち・あなたのまち 

  • 2018年 テーマ「わたしのまち、あなたのまち」

「21世紀を平和の世紀にしたい」という願いから2001年にスタートした東アジアの子どもたちの心をつなぐ絵画展「南北コリアと日本のともだち展」。

大阪展は今年8年目を迎え、今年も大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、そして日本に住む、子どもたちが同じテーマで描いた 絵画を通して、互いの生活や文化を知り、直接には出会うことが難しい子どもたちの人と人とのつながりを生み出しています。

今年のテーマは「わたしのまち、あなたのまち」。

ステキな“まち”を描いてメッセージをおくり、未来のともだちとの交流を楽しみませんか?

ふるってご応募ください。お待ちしています。

2018絵画募集要項・大阪

  • 応募のきまり

  • 対象:小・中学生 作品の大きさ:八つ切り画用紙(270×380mm)
  • 画材:絵の具、クレヨン、サインペンなど自由
  • (手書き作品に限ります)
  • 応募作品は原則として返却しません。
  • メッセージをそえて応募用紙を添付のこと
  • 第1次締切:2018年 9月 3 日
  • 第2次締切:2019年 1月 15日必着