わたしのまちにおいでよ in 堺  参加者募集中

わたしのまちにおいでよ 

堺のランドマークなどを描いて、東アジアのともだちに紹介しましょう!

  • 日時 8月3日(土)10:30~13:30
  • 場所 森のキッチン(堺市役所地下1階
  • 参加費 子ども:300円(カレー、ドリンク代込)
  • 対象 小学生~中2(3人×5グループ=15人~20人程度)

ボランティアSTAFF募集中

▶作品展示予定

8月5日(月)~7日(水) 森のキッチン( 大阪府堺市堺区南瓦町3 堺市役所 地下1階

10月5・6日 堺市総合福祉会館「ユネスコ活動近畿ブロック研究会」

▶主催:南北コリアと日本のともだち展大阪展実行委員会

大阪府ユネスコ連絡協議会:NPO法人大阪ユネスコ協会、エリーニ・ユネスコ協会、堺ユネスコ協会、箕面ユネスコ協会、北河内ユネスコ協会)
(特活)コリアNGOセンター 
在日韓国基督教会館(KCC) 
在日コリアン青年連合(KEY) 
NPO法人・クロスベイス

▶協力:

 

  • 後援申請予定   大阪府教育委員会、堺市教育委員会

 

参加申し込みフォームはこちら>>>

 

 

2019年度 絵画募集のお知らせ

2019南北コリアと日本のともだち展 東アジアのともだちに紹介する

テーマ: わたしがおくりたい金メダル

ともだち展とは、2001年から毎年、絵をつうじて出会い、絵をかいたともだちとメッセージを送りあいながら

「いつかは出会う未来のともだち」との交流をおこなってきた絵画展です。

 

今年のテーマは「わたしがおくりたい金メダル」!

普段はあまり言えないけれど、いつもお世話になっている人、感謝を伝えたい人など、「金メダル」をおくりたい人はいますか?

毎日おいしいごはんを作ってくれるお母さん、どんなときでもわたしを元気づけてくれる周りのともだちゃペット、

優しく教えてくれる先生、力をくれる出来事などを描いて東アジアのともだちに紹介してみましょう。

一生懸命がんぱる自分へおくりたい金メダルの絵もいいですね。

 

絵を見たともだちが、わたしも誰かに金メダルをおくりたいな、と思えるような、心温まる、たのしい作品とメッセージをお待ちしています。

いつでもわたしを笑顔にさせてくれるともだちに金メダル

★テーマ:わたしがおくりたい金メダル

★対象:小·中学生 ★応募のきまり:作品は原則として、返却しません。

返却希望がある場合はご 相談ください。

○ハつ切り画用紙 (270mm×380mm)に、ペン、クレヨン、絵の具などを使って描いてください。

○作品といっしょに①名前、の学年、③住所、の電話番号、⑤絵の説明未来のともだちに向けたメッセージを添えてください

★東京展締め切りは下記チラシ参照

★大阪展しめきり:2020年1月15日

★展示予定: 2020年2月 東京@アーツ千代田 3331 大阪@大阪国際交流センターなど

 

済州平和キャンプ説明会

今夏、済州で行われるともだち展のパートナー団体であるオリニオッケドンム主催のキャンプ説明会を行いました。

8月中旬、日韓中の子どもたちが済州に集まって、2泊3日過ごします。

大学生ボランティアによる現地で使える韓国語講座では、保護者の方々と親子で楽しく学びました。

おおさか子どもワークショップ 2019”わたしのまちにおいでよ”

2018年度の絵画展のテーマは”わたしのまち、あなたのまち”でした。

大阪展では6月の巨大アートを描いたのを皮切りに、絵画の展示と募集をする一方、東アジアの子どもたちの共同作品である”わたしのまちにおいでよ”の各地のランドマークを描いてきました。

今年度も引き続き”わたしのまち”を描き、お互いの”まち”を紹介し合いながら巨大MAPを育てることになりました。

東アジアの子どもたちの共同作品:わたしのまちにおいでよ!は、東アジアの子どもたちが1つの絵で結ばれ、東アジアの子どもたちの心のつながりを生み出します。

<今後の予定>

●堺:わたしのまちにおいでよ in SAKAI

 日時:2019年8月3日(土)10:30~13:30 

 場所:森のキッチン(堺市役所地下1階、レストラン・カフェ)

●展示予定:森のキッチン、8月5日(月)~7日(水)

●展示予定:ユネスコ活動近畿ブロック研究会

 2019年10月5,6日、堺市総合福祉会館

————-

2018年度の子どもワークショップのようす

2019年度の個人作品・絵画募集のテーマは

わたしのおくりたい金メダル

8切り画用紙にメッセージを添えてご応募ください。

 

第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展終了しました。

3月8日から始まったともだち展大阪展は、パートナー団体オッケドンムからと、延吉少年児童図書館の方々の来阪ゲストとの交流もあり 絵画展、子どもワークショップ、ギャラリートークにも多数ご来場いただき、ありがとうごさいました。

 

ユネスコ・スクール晴明丘小学校訪問

毎年絵画をお願いしている「晴明丘小学校」 今年も素敵な作品をいただきました。

今回は絵の交流だけでなく、実際に南北コリアと日本のともだち展のパートナー団体である韓国のオリニオッケドンムの

子どもたち6人と先生が晴明丘小学校の4.5年生と交流しました。

講堂で、歌のプレゼントのあとは教室で日本の遊び、けん玉、コマ回し、あやとり、折り紙をして遊んだあと、給食を一緒に食べ
楽しい時間を過ごすことができました。

 

第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展

 

南北コリアと日本のともだち展大阪展は8回目を迎えました。

 

3/8 子どもワークショップのために学生ボランティアで大きな東アジアの地図を描きました。

「子どもワークショップ わたしのまちにおいでよ」は、前日描いた東アジアの地図の上に、

大きく描かれた東アジア(平壌、ソウル、済州、延吉など)と大阪、神戸、姫路や東京など各地のランドマークを展示します。

子どもたちは自分描き、自分の行きたいところに貼るワークショップをしました。

絵の交流だけでなく、パートナー団体のオッケドンムの子どもたちも来られ

40名を越し大盛り上がりでした!!

3月10日(日)はギャラリートーク

「ピョンヤンの大学生と語りあった私たち」 30名を超す参加者で会場はいっぱいでした

第8回 ともだち展大阪展!(告知)

 

南北コリアと日本のともだち展阪展は

3月8日(金)~10日(日)10時~17時(最終日10日は16時まで)

大阪国際交流センターで開催します。

同時開催イベントは 9日(土)に子どもワークショップ 10日(日)には大学生のトークを予定しています。

【1】 子どもワークショップ「わたしのまちにおいでよ」
39日(土)13:30-15:30 参加費:無料
東アジアの子どもたちの住む”まち”が会場に登場
どんなところがあるのかな?
いろんなランドマークを見てみよう!
 
【2】ギャラリートーク 「ピョンヤンの大学生と語り合った私たち」
310日(日)13:30-15:30 参加費:無料
 
米朝や南北の首脳会談が開かれた2018年、朝鮮半島は平和へと大きな一歩を
踏み出しました。そんななか、日本から朝鮮を訪問して同世代の若者に
出会った大学生たちがいます。彼らは何を話し合い、どんな約束をしたのか。
帰国後も、学習会や大阪でのフィールドワークをおこない、在日コリアンたちとの交流もするなかで、
どんなことを感じているのか。
若い世代が思い描く東アジアの未来について、それぞれの考えをクロストークします。
 

第8回ともだち展大阪展(PDF)) ← ダウンロード可

東京展(2/8-10)が終わりました!

【絵画展】、【ギャラリートーク】、【こどもワークショップ】と、各プログラムをおこない盛況でした!スタッフのみなさん、学生たちおつかれさまでした!
【ギャラリートーク】では、訪朝学生メンバー6名が全員集合しました。
目加田説子さん司会のもと、それぞれが帰国後に膨らんだ思いや考えを、クロストーク。
朝鮮に行って来た話しを、友人や家族に説明することの難しさに直面しながらも、エピソードや映像を通して伝えることで、相手の固定観念が変わったという経験も。
また、訪朝前後の学習会や、朝鮮学校の学生交流、大阪コリアタウンのフィールドワークに参加したことで、在日コリアンの歴史や、国内での問題にも目を向けるようになり、視野が広がったという意見。
 
国内での韓流はじめとする文化交流が、政治に与えるポジティブな影響なども、これから可能性として考えたいという声も。
みんな、もっと知識をつけて、学生のうちにまた平壌の友人に会いに行きたい!と力強い思いを持っていました。
 
翌日の【こどもワークショップ】では、
東京の朝鮮初級学校の学生や、地域の小学生たちがたくさん参加していました!
大学生や高校生たちがスタッフTシャツを来て、こどもたちのお手伝い。
南北コリアと中国のこどもたちの絵に関するクイズに答えたあとは、
それぞれの「まち」をアピールした絵に、自分のミニ自画像を貼っていく、「わたしのまちにおいでよ!」
 
1ヶ月後の
3/8(金)-10(日)は大阪展です!
ぜひともみなさん、起こしくださーい(^^)

ランドマーク作成神戸ワークショップ

 神戸のまちのランドマークを描くワークショップをしました