第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展終了しました。

3月8日から始まったともだち展大阪展は、パートナー団体オッケドンムからと、

延吉少年児童図書館の方々の来阪ゲストとの交流もあり

絵画展、子どもワークショップ、ギャラリートークにも多数ご来場いただき、ありがとうごさいました。

 

第8回 ともだち展大阪展!(告知)

 

南北コリアと日本のともだち展阪展は

3月8日(金)~10日(日)10時~17時(最終日10日は16時まで)

大阪国際交流センターで開催します。

同時開催イベントは 9日(土)に子どもワークショップ 10日(日)には大学生のトークを予定しています。

【1】 子どもワークショップ「わたしのまちにおいでよ」
39日(土)13:30-15:30 参加費:無料
東アジアの子どもたちの住む”まち”が会場に登場
どんなところがあるのかな?
いろんなランドマークを見てみよう!
 
【2】ギャラリートーク 「ピョンヤンの大学生と語り合った私たち」
310日(日)13:30-15:30 参加費:無料
 
米朝や南北の首脳会談が開かれた2018年、朝鮮半島は平和へと大きな一歩を
踏み出しました。そんななか、日本から朝鮮を訪問して同世代の若者に
出会った大学生たちがいます。彼らは何を話し合い、どんな約束をしたのか。
帰国後も、学習会や大阪でのフィールドワークをおこない、在日コリアンたちとの交流もするなかで、
どんなことを感じているのか。
若い世代が思い描く東アジアの未来について、それぞれの考えをクロストークします。
 

第8回ともだち展大阪展(PDF)) ← ダウンロード可

東京展(2/8-10)が終わりました!

【絵画展】、【ギャラリートーク】、【こどもワークショップ】と、各プログラムをおこない盛況でした!スタッフのみなさん、学生たちおつかれさまでした!
【ギャラリートーク】では、訪朝学生メンバー6名が全員集合しました。
目加田説子さん司会のもと、それぞれが帰国後に膨らんだ思いや考えを、クロストーク。
朝鮮に行って来た話しを、友人や家族に説明することの難しさに直面しながらも、エピソードや映像を通して伝えることで、相手の固定観念が変わったという経験も。
また、訪朝前後の学習会や、朝鮮学校の学生交流、大阪コリアタウンのフィールドワークに参加したことで、在日コリアンの歴史や、国内での問題にも目を向けるようになり、視野が広がったという意見。
 
国内での韓流はじめとする文化交流が、政治に与えるポジティブな影響なども、これから可能性として考えたいという声も。
みんな、もっと知識をつけて、学生のうちにまた平壌の友人に会いに行きたい!と力強い思いを持っていました。
 
翌日の【こどもワークショップ】では、
東京の朝鮮初級学校の学生や、地域の小学生たちがたくさん参加していました!
大学生や高校生たちがスタッフTシャツを来て、こどもたちのお手伝い。
南北コリアと中国のこどもたちの絵に関するクイズに答えたあとは、
それぞれの「まち」をアピールした絵に、自分のミニ自画像を貼っていく、「わたしのまちにおいでよ!」
 
1ヶ月後の
3/8(金)-10(日)は大阪展です!
ぜひともみなさん、起こしくださーい(^^)