第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展終了しました。

3月8日から始まったともだち展大阪展は、パートナー団体オッケドンムからと、延吉少年児童図書館の方々の来阪ゲストとの交流もあり 絵画展、子どもワークショップ、ギャラリートークにも多数ご来場いただき、ありがとうごさいました。

 

第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展

 

南北コリアと日本のともだち展大阪展は8回目を迎えました。

 

3/8 子どもワークショップのために学生ボランティアで大きな東アジアの地図を描きました。

「子どもワークショップ わたしのまちにおいでよ」は、前日描いた東アジアの地図の上に、

大きく描かれた東アジア(平壌、ソウル、済州、延吉など)と大阪、神戸、姫路や東京など各地のランドマークを展示します。

子どもたちは自分描き、自分の行きたいところに貼るワークショップをしました。

絵の交流だけでなく、パートナー団体のオッケドンムの子どもたちも来られ

40名を越し大盛り上がりでした!!

3月10日(日)はギャラリートーク

「ピョンヤンの大学生と語りあった私たち」 30名を超す参加者で会場はいっぱいでした

第8回 ともだち展大阪展!(告知)

 

南北コリアと日本のともだち展阪展は

3月8日(金)~10日(日)10時~17時(最終日10日は16時まで)

大阪国際交流センターで開催します。

同時開催イベントは 9日(土)に子どもワークショップ 10日(日)には大学生のトークを予定しています。

【1】 子どもワークショップ「わたしのまちにおいでよ」
39日(土)13:30-15:30 参加費:無料
東アジアの子どもたちの住む”まち”が会場に登場
どんなところがあるのかな?
いろんなランドマークを見てみよう!
 
【2】ギャラリートーク 「ピョンヤンの大学生と語り合った私たち」
310日(日)13:30-15:30 参加費:無料
 
米朝や南北の首脳会談が開かれた2018年、朝鮮半島は平和へと大きな一歩を
踏み出しました。そんななか、日本から朝鮮を訪問して同世代の若者に
出会った大学生たちがいます。彼らは何を話し合い、どんな約束をしたのか。
帰国後も、学習会や大阪でのフィールドワークをおこない、在日コリアンたちとの交流もするなかで、
どんなことを感じているのか。
若い世代が思い描く東アジアの未来について、それぞれの考えをクロストークします。
 

第8回ともだち展大阪展(PDF)) ← ダウンロード可

クリスマスコンサート ともだちの街へWS

クリスマスコンサートとともだち展ワークショップ

ユネスコ・スクール晴明丘小学校音楽部のクリスマスコンサートが

あべのハルカス近鉄本店7F街ステーションで行われ、

その終了後に「ともだちの街へ」という今年度の子どもワークショップに参加していただきました。

  

 

子どもたちの歌声が7階の会場に響き、とても素敵でした。

会場を彩っている絵は、2014年のテーマ「わたしのまちにおいでよ」で描いた絵や

中国・延吉でのワークショップを終えもどってきました。

  

 

 

2013 大阪展 わたしのねがい

テーマ:わたしのねがい

2013年11月22日(金)~24日(日)

こどもワークショップ みんなでパレード

浜田桂子さんの絵本「へいわってどんなこと」を読んだあと、絵本の1ページに入り込んで共同制作

 

生玉小学校のみなさんが参加してくださいました。

 

講演会

11月24日(日)

東アジアの平和構想 市民の役割)

講師:朴一 教授