第10回おおさか展終了しました!

大阪国際交流センター1Fギャラリー

東アジアの子どもたちの心をつなぐ絵画展
第10回南北コリアと日本のともだち展大阪展
明日26日(金)〜28日(日)

大阪国際交流センターにて行われました。

今年のテーマは
「わたしがつくる未来」

子どもたちの描く絵に添えられたメッセージは、コロナ禍の今だからこそ心に響き、子どもたちから勇気づけられ、力がもらえるようです。

毎年、同じテーマで日朝韓中の子どもたちの絵を展示しているものの、
今回は海外から作品を集めることができず、海外分は過去の作品で「未来」に向けたメッセージのものが展示されました。

会場を彩る共同作品の「空にとどけるみんなの願い・ルンタ(旗)」は
「子どもたちの願いをつなげ、世界に広げよう」と
日本、中国、韓国の子どもたちの明るい未来に向けた願いが連なっています。

http://tomodachi10.net/osaka/

同時開催イベント

27日・ギャラリートーク

東アジアの青年たちがであったとき

訪朝しての交流ができなかった2020年。
いつか会える日のために、日本と朝鮮半島の問題について学びを続けてきた学生たちが、この一年をふり返って話しました。

28日・子どもワークショップ

つなぐつながる東アジアの子どもたち

大阪の子どもたちと韓国のパートナー団体オッケドンムの子どもたちが繋がって
小学生はクイズ
中学生はトーク
で交流を深めました。

感想

今は会えないけれどいつかは出会うことができるであろう未来のともだちに
絵とメッセージで心を伝え合ってきたともだち展でしたが、
東京でのスタートから20年、大阪では10年の時を経て、渡航が難しくともオンラインで出会える昨今となり、
直接伝え合える環境がすぐそこまで来ている新たな時代を感じました。(T)

第10回南北コリアと日本のともだち展大阪展 開催します!

絵画展のテーマ「わたしがつくる未来」

日時:2月26日(金)~28日(日)10時~17時、最終日16時まで

場所:大阪国際交流センター・大阪府大阪市天王寺区上本町8丁目2−6

日本と朝鮮半島に暮らす子どもたちの絵を、ひとつの会場に展示して、絵でお互いを紹介しあい、わたしたちの間にある壁を乗り越える第一歩にしようと、「南北コリアと日本のともだち展」は2001年にスタートしました。

日・朝・韓それぞれの地域で協力者を得ながら実際には一堂に会して出会うことの難しい子どもたちの絵とメッセージの交換をおこない東アジアの子どもたちを繋いでいます。

2011年からは大阪でも実行委員会が結成され、今年で10年目を迎えます。 新型コロナウイルスの感染蔓延で、世界中で人の往来が非常に難しい状況とはなっていますが、ともだち展では、様々な工夫とこれまでのネットワークを駆使しながら、今年も途切れることなく、国を越えて、この地域での子どもたちが絵を通してつながり、交流していく様子から、平和のメッセージを日本社会に発信していきます

同時開催イベント

東アジアの青年たちがであったとき

●2月27日 15:00~16:30

訪朝しての交流ができなかった2020年。いつか会える日のために、日本と朝鮮半島の問題について学びを続けてきた学生たちが、この一年をふり返って話します。

つなぐつながる東アジアの子どもたち

●2月28日 10:30~12:00

会場に来られない子たちのために、子どもたちが会場を案内し、お友だちの絵を紹介します。

オンラインで楽しいゲームもおこないます

主催

南北コリアと日本のともだち展実行委員会

大阪府ユネスコ連絡協議会 (NPO法人大阪ユネスコ協会 、エリーニ・ユネスコ協会、堺ユネスコ協会 箕面ユネスコ協会、大阪北河内ユネスコ協会)、(特活)コリアNGOセンター  在日韓国基督教会館(KCC)  在日コリアン青年連合(KEY)  NPO法人・クロスベイス

公益財団法人 大阪国際交流センター

後援:大阪市教育委員会、大阪府教育委員会、日本ユネスコ協会連盟

既に配布いたししましたチラシのギャラリートークの時間が16時からになっておりましたが、正しくは「15時~16時半」です。

第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展終了しました。

3月8日から始まったともだち展大阪展は、パートナー団体オッケドンムからと、延吉少年児童図書館の方々の来阪ゲストとの交流もあり 絵画展、子どもワークショップ、ギャラリートークにも多数ご来場いただき、ありがとうごさいました。  

第8回南北コリアと日本のともだち展大阪展

 

南北コリアと日本のともだち展大阪展は8回目を迎えました。

 

3/8 子どもワークショップのために学生ボランティアで大きな東アジアの地図を描きました。

「子どもワークショップ わたしのまちにおいでよ」は、前日描いた東アジアの地図の上に、

大きく描かれた東アジア(平壌、ソウル、済州、延吉など)と大阪、神戸、姫路や東京など各地のランドマークを展示します。

子どもたちは自分描き、自分の行きたいところに貼るワークショップをしました。

絵の交流だけでなく、パートナー団体のオッケドンムの子どもたちも来られ

40名を越し大盛り上がりでした!!

3月10日(日)はギャラリートーク

「ピョンヤンの大学生と語りあった私たち」 30名を超す参加者で会場はいっぱいでした

第8回 ともだち展大阪展!(告知)

 

南北コリアと日本のともだち展阪展は

3月8日(金)~10日(日)10時~17時(最終日10日は16時まで)

大阪国際交流センターで開催します。

同時開催イベントは 9日(土)に子どもワークショップ 10日(日)には大学生のトークを予定しています。

【1】 子どもワークショップ「わたしのまちにおいでよ」
39日(土)13:30-15:30 参加費:無料
東アジアの子どもたちの住む”まち”が会場に登場
どんなところがあるのかな?
いろんなランドマークを見てみよう!
 
【2】ギャラリートーク 「ピョンヤンの大学生と語り合った私たち」
310日(日)13:30-15:30 参加費:無料
 
米朝や南北の首脳会談が開かれた2018年、朝鮮半島は平和へと大きな一歩を
踏み出しました。そんななか、日本から朝鮮を訪問して同世代の若者に
出会った大学生たちがいます。彼らは何を話し合い、どんな約束をしたのか。
帰国後も、学習会や大阪でのフィールドワークをおこない、在日コリアンたちとの交流もするなかで、
どんなことを感じているのか。
若い世代が思い描く東アジアの未来について、それぞれの考えをクロストークします。
 

第8回ともだち展大阪展(PDF)) ← ダウンロード可

クリスマスコンサート ともだちの街へWS

クリスマスコンサートとともだち展ワークショップ

ユネスコ・スクール晴明丘小学校音楽部のクリスマスコンサートが

あべのハルカス近鉄本店7F街ステーションで行われ、

その終了後に「ともだちの街へ」という今年度の子どもワークショップに参加していただきました。

  

 

子どもたちの歌声が7階の会場に響き、とても素敵でした。

会場を彩っている絵は、2014年のテーマ「わたしのまちにおいでよ」で描いた絵や

中国・延吉でのワークショップを終えもどってきました。