南北コリアと日本のともだち展

2021朝鮮半島平和教育オンライン博覧会「分断OFF, 平和ON」

韓国のパートナー団体・(社)オリニオッケドンムの主催する「2021平和教育オンライン博覧会」が10月中旬に開催されます。平和教育に関心のある教員、市民、研究者などを対象に、平和教育への取り組みや教材の紹介、映像や絵画展示、海外ゲスト登壇のセミナーなど、さまざまなプログラムが準備されています。この期間中、日本から『へいわって どんなこと?』の作者である絵本作家の浜田桂子さんも登壇します。催し自体は韓国語がメインですが、浜田さんの回は通訳が予定されていますので、ぜひご注目ください。

事業のご案内(韓国語原文)はこちら
https://www.okfriend.org/news/?idx=8119305&bmode=view

とき:2021年10月12日〜10月16日
ところ:https://www.seoulpeace.space(10/12よりオープン!)

▼オンライン生放送:海外の平和教育に出会う

【1】Derick Wilsonと分かち合う「希望を育む平和教育」の話
日時:10月15日(金)午後7−8時半
講義:Derick Wilson(北アイルランド・アルスター大学名誉教授)
司会:シムウンボ(ジャラン小学校教員、平和教育教員の会代表)
使用言語:英語/韓国語

↑お申込みはこちらから!↑
【2】作家との対話:浜田桂子の「へいわって どんなこと?」
日時:10月14日(木)午後7−8時半
出演:浜田桂子(日本・絵本作家)
司会:裵星浩 ペソンホ(ソウル・ソンジュン小学校教員)
使用言語:韓国語/日本語
協力:南北コリアと日本のともだち展実行委員会
*参加者には東アジア平和交流写真集を差し上げます!

↑お申込みはこちらから!↑

▼プログラム
ピースMBTI MBTIで見る私にピッタリの平和活動は?
VRピースギャラリー 朝鮮の子どもたちの絵画展示、南北の子どもたちがピョンヤンで出会う
行ってみようDMZ 今は行けない南北の境界地域、写真と子どもの絵でいっぱいに
トンイルと学びに出かけよう 北を理解し、平和な出会いを準備するクイズ
平和教育コンテンツ 教案や教材の紹介、南北の文化財ペーパートイ、平和映画上映
平和教育スペース 平和教育NGOはどんなことをしているの?


イベント:参加者向けに平和教育教材のプレゼントなどもあります!(主に韓国国内向け)

VRピースギャラリー:南北の子どもの絵手紙展示、04-08年のピョンヤン訪問団の写真展も。

行ってみようDMZ:南北を隔てる非武装地帯DMZを写真とVRで体験。
トンイルの学びに出かけよう:朝鮮の本や生活用品を活用してつくったクイズを体験。平和教育プログラム:学校の教育現場ですぐに使えるプログラム、教案や資料、教材紹介。平和教育スペース:国内外団体を紹介します。団体の平和教育コンテンツを見ることができます。

▼イベント:博覧会に参加して、平和教材セットをもらおう!
平和旅行スクラッチハガキ、ペーパートイ、平和の本セットなど様々な教材を差し上げます。
*EVENT1 ホームページからの参加認証イベント
*EVENT2 海外ゲスト特講イベント
*EVENT3 教員のための平和の本セットイベント


主催:社団法人オリニオッケドンム(韓国語ページ)
お問い合わせ:南北コリアと日本のともだち展実行委員会(事務局:rccj.sec@gmail.com)

views 474 

« 前のページに戻る