堀潤さんと訪朝した学生たちが報告します@京都

シリーズ「グローバル・ジャスティス」第64回
堀潤さんと語るー若者が手当てする日朝の「分断」

現在世の中に横たわる多く「分断」。

昨今冷え込んでいる日本と朝鮮半島の関係。

日本と朝鮮民主主義人民共和国における分断、そしてそれを手当する若者の姿を取材した堀潤さんにお話しいただきます。

関西からも学生たちが、東アジアの平和について考え、活動しようと、今夏、NGO「KOREAこどもキャンペーン」のプログラム「日朝大学生交流」に参加し、堀さんらと訪朝して平壌の大学生と交流しました。

学生たちが、何を見て、何を語り、何を感じたのか、堀さんともに報告します。平和考え、行動する重要性を、ともに議論できる場にしたいと思います。

開催概要

【日時】2019年12月6日(金)17:00~19:00

【会場】同志社大学 烏丸キャンパス 志高館101番教室

【アクセス】地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩5分、京阪電車「出町柳」駅から徒歩25分、京都バス「烏丸中学前」から徒歩1分。

【参加費】無料

【登壇者】堀潤さん(ジャーナリスト、元NHKアナウンサー、NPO法人8bitNews代表)
日朝大学生交流に参加した大学生・大学院生(同志社大学ほか)

【主催】同志社大学グローバル・スタディーズ研究科、同志社大学人文科学研究所・第6研究会、KOREAこどもキャンペーン(※アーユスはKOREAこどもキャンペーンの構成団体のひとつです)

【後援・協力】京都コリア学コンソーシアム、同志社コリア研究センター、日朝学術研究会

お申込み

不要

お問い合わせ

同志社大学グローバル・スタディーズ研究科
TEL:075-251-3930 Mail:ji-gs@mail.doshisha.ac.jp

2019年11月21日 | カテゴリー :

日朝大学生交流報告会を開催しました!

12月8日(土)の午後2時から、台東区民会館で行われた報告会には、約40名の方が来てくれました。JVCスタッフ宮西による「南北コリアと日本のともだち展」の始まりから大学生交流につながる説明の後、ジャーナリストの堀潤さんがマイクを握り、ビデオを見せながら訪朝の様子を報告。その後は学生達から「(拉致問題の話のなかで)あの時、イヤだなと感じたことも、振り返ってみると意味のあることだったと思う」「他の国に行ったときはfacebookとか交換できるけど、(平壌でできた友だちとは)つながっているっていう安心感がなくて、だからこそもう一回会いたいって思う」等々、本音をうまく引き出してくれ、あっという間の2時間でした。

JVCの宮西さんが事業の概要を説明

ジャーナリストの堀潤さん。さすがプロの司会進行でした。

「平壌に着いたらすぐチマチョゴリのオーダーを早くしないとってメッチャ焦ってた」などという学生の素朴な発言が一番ウケました。

2018年12月10日 | カテゴリー :