日朝大学生交流報告会を開催しました!

12月8日(土)の午後2時から、台東区民会館で行われた報告会には、約40名の方が来てくれました。JVCスタッフ宮西による「南北コリアと日本のともだち展」の始まりから大学生交流につながる説明の後、ジャーナリストの堀潤さんがマイクを握り、ビデオを見せながら訪朝の様子を報告。その後は学生達から「(拉致問題の話のなかで)あの時、イヤだなと感じたことも、振り返ってみると意味のあることだったと思う」「他の国に行ったときはfacebookとか交換できるけど、(平壌でできた友だちとは)つながっているっていう安心感がなくて、だからこそもう一回会いたいって思う」等々、本音をうまく引き出してくれ、あっという間の2時間でした。

JVCの宮西さんが事業の概要を説明

ジャーナリストの堀潤さん。さすがプロの司会進行でした。

「平壌に着いたらすぐチマチョゴリのオーダーを早くしないとってメッチャ焦ってた」などという学生の素朴な発言が一番ウケました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月10日